狭小住宅なら低予算で都心に住める|憧れの地へ

新しい住宅タイプ

家

様々なメリットや特徴

狭小住宅という言葉を聞いたことはあるでしょうか。狭小住宅とは、家を購入する、または建てることを検討した場合に、床面積が通常よりも小さい家のことを指します。狭小住宅の明確な定義はありませんが、10〜20坪程度の面積の家が、狭小住宅と呼ばれることが多いです。さて、その名の通り、狭小住宅は通常の家に比べて小さく、狭いということが特徴です。しかし、狭いからといって人気がないわけではありません。メリットがたくさんあることも事実です。狭小住宅のメリットの一つが、圧倒的な安さです。土地面積が小さいため、まず土地の購入価格が通常よりかなり安くなります。また1階の総面積なども変わってきますので、通常の相場の半分程度に費用をおさえることも可能なのです。なるべく費用を抑えたい、月々の負担を減らしたい、という人に狭小住宅はぴったりなのです。またお金の面で言えば、税金の額も大きく変わります。毎年かかる固定資産税は、土地の広さなども影響しますので、通常よりも安くすることが可能です。また他にも、アイディアあふれる個性的な家にすることが出来るというメリットもあります。狭いために、隠し収納スペースや、広く見せるアイディアなどが満載のおしゃれな家にすることが出来るのです。また、3階建てなどにすれば、狭さを気にすることもほとんどありません。アイディア次第で、安く素敵な家を作りあげることが出来るのが、狭小住宅最大のメリットなのです。