狭小住宅なら低予算で都心に住める|憧れの地へ

狭い土地を有効活用する

一軒家

住宅を工夫する

狭い土地を有効活用するための方法として、狭小住宅を建てる手段があります。狭い土地であっても工夫次第で住宅を建築することができますし、住み心地のいい住宅にすることも可能です。大切なことは、実際に居住することを前提にして、どのように生活するかを考えながら間取りを設計することです。首都圏などでは土地の価格が高いため、どうしても狭い土地しか購入することができません。そのため、狭い土地であっても住み心地のいい狭小住宅を建築するためのノウハウが蓄積されています。狭小住宅を建てる場合には、実際の施工事例が多いハウスメーカーを選ぶことが重要になります。狭い土地であっても、容積率や建ぺい率が高ければ、それだけ大きな建築物を建てることができます。狭小住宅の多くは3階建て以上の高層階の建物であることが多く、限られた土地を有効活用しています。そのため、1階部分は駐車場にしている場合がほとんどです。ビルドインガレージにすることによって、駐車場部分の土地を減らすことができるため、敷地いっぱいに住宅を建築することができるのです。狭小住宅を建築する場合の工夫としては、上下の移動もよく考えなければなりません。屋内エレベーターを用いる方法もありますし、中二階のように階段の途中の空間を有効に活用する方法もあります。土地が狭くて横の広がりがない以上、上下の空間を有効活用する必要があります。さらに屋根もルーフガーデンとして活用するなどの工夫もあります。