狭小住宅なら低予算で都心に住める|憧れの地へ

設計図

狭い土地でも建てられます

狭い土地でも理想的なマイホームを建てる事が可能です。狭小住宅を建てるには狭いスペースを最大限生かした設計プランが必要です。実績がある工務店やハウスメーカーに相談する事が必要です。業者選びでは実際に狭小住宅に住んでいる人の感想や意見が参考になります。

一軒家

狭い土地を有効活用する

狭い土地であっても、工夫次第で住み心地のいい住宅を建築することができます。狭小住宅を検討する場合には、ノウハウを持ったハウスメーカーを選ぶことが重要です。ビルトインガレージの活用やルーフガーデンなど工夫次第で狭い土地を有効に活用することができます。

家

新しい住宅タイプ

狭小住宅は、10〜20坪の建坪で作られた、通常よりも小さく狭い家のことを指します。しかし、土地購入費や税金などの費用を安く抑えられる、アイディアの詰まった家になる、などのメリットがあることも事実です。

狭い土地に家を建てる

インテリア

低予算の一戸建て

狭小住宅とは、狭い土地に建てられた小さな住宅のことです。狭小住宅には明確な定義はありませんが、15坪以下くらいに建てられた住宅を意味することが多いです。日本は山地の多い国であり、人口が都市部や平野部に集中する傾向があります。日本人にとって、住宅を建てる際、土地の有効利用は必然的なテーマになります。特に都市部は地価が高く、一戸建てを購入するのに手を出しにくい状況もあります。狭小住宅のように、狭い土地であれば、それだけ土地価格を抑えることができます。したがって、どうしても一戸建てを購入したいが予算オーバーになってしまうという人にとって、購入しやすい面があります。狭小住宅は、日本の状況や環境に適した、合理的な土地活用の一環とも言えます。狭い土地に住宅を建てるため、住宅自体も小さなものになります。狭い空間にあって、いかに開放感を得ることができるかが、狭小住宅を建てる際の大きなテーマになります。大きな窓を作って見晴らしをよくすることや、床の高さを少しずつずらすなど、広さを感じさせるためのいろいろな工夫が考えられています。また、外からの光をしっかり取り込むことによって、明るい雰囲気を作り、それが空間の広がりを感じさせる工夫もあります。また、横の広がりができない分、3階建てにするなど、縦の広がりでカバーすることもできます。地下スペースの有効利用も考えられます。狭小住宅は、小さくてコンパクトなだけに、デザイン性のあるものが多いです。